しかく広場手話サークルの報告(2011/09/12)

こんにちわ。代表の沼倉昌明です。

9月12日の手話サークル「しかく広場」は、講師の私が仕事で遅刻したのと、
部屋が取れていなかったという予期せぬハプニングが起きたものの、
無事に終えることが出来て、一安心しました。

今回は、前回より3人多い22人でした。誠にありがとうございます。

今回は疑問文の「だれ?なぜ?どこ?いつ(いくつ)?なに?どうやって?」を
教えました。よく使う手話なので、ぜひ覚えておいでくださいね。

グループディスカッションでは、次のような例文を課題として出しました。

A:「あなたはいつから付属へ通っていたのですか?」
B:「小学校からずっと通っていました。」

A:「どうして、先週のバーベキューは中止になったのですか?」
B:「雨が降ったのと、メンバーが集まらなかったからです。」

A:「サッカーがとても上手だけど、どうやって練習したの?」
B:「部活のほかに、地元のクラブにも練習しているからです。」

各グループの代表者が前に出て、発表していただきました。
それぞれ、様々な表現方法があり、興味深いものを感じました。
同じ文章でも表現方法は色々あるということ知っていただけたと思います。

そして、仙台にボランティアへ行った話をしました。
すべて手話で話しましたが、理解できてるか、心配しながら話を続けましたが、伝わったようで良かったです。

伊達正宗の像の話は公園じゃなくて駅の方だったのですね。。。
公園で待ち合わせするのは何か昭和チックで不思議だなと思ったものの、疑わなかった自分が恥ずかしくなりました。

今回は、サークルが終わった後にお茶をしながら交流会をやりました。
結構、楽しい交流会でしたので、次回以降もやりたいです。

9月12日の復習ページはこちら

次回は9月26日です。楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です